若石リフレクソロジー

若石健康法は足の反射区を利用した自然療法です。
スイス人神父(漢名:若石さん)が台湾でブームを作ったことをきっかけに若石健康法と名付けられました。

ゾーンセラピーという西洋医学で体系化された反射区医療法と、エジプトの古代壁画や、中国の古代医学書、インドから来た日本に伝わった仏足石に記される足裏の地図等、世界各地で何千年も前から使われていた足裏療法を融合させたい経過された健康法です。

現代はストレスの時代と言われています、人間を取り巻く環境は、生理的に言って必ずしも好ましいものではなくなっています、家庭、学校、職場での人間関係、街の騒音、さらには目に見えない電磁波などにさらされて、私たちの体は確実にストレスが増え続け健康を損ないがちになっています。原因不明の現代病も増えていますし、薬の副作用も無視できなくなってきました、こうした中で東洋医学への期待が高まり、西洋医学の立場からも評価される兆しが見えています。変化する人間の生活環境の中で、健康に生きていくために、自分自身で健康を守る姿勢が非常に重要なテーマとなってきています。

足を見ることを通してご自身の状態を認識いただき足から見た改善の方法をお伝えします 。
医療制度や介護制度の変化が大きい中、生涯現役で健康を守るため病気の主が小さいうちに気づけるサインは体にたくさん出ています。

体の気、水、血の流れが滞ると 老廃物が上手に排出されずに血管を巡り重力によって足裏の反射区に集まりやすくなります。老廃物が溜まった反射区はしこりのように固くなったり腫れたりしますが、足を揉むことによりそのしこり等をほぐして血行を流し、体に不要な老廃物が外に排出されるのを助けます。
血行が良くなり、免疫、代謝が上がり、ホルモンバランスを整える作用もあります
若石健康法は WHOで推奨され、約60の国で実施されています。

「心」「気」へのアプローチ

レイキを流しながら手術することで、ヒーリング効果が得られ、体が緩んで「気」の詰まりが流れやすくなり体のバランスが足元から整っていきます。
足元が本来の軽さに戻り、すっきりと軽やかな気持ちになります。

体と心は連動しているので、64箇所の反射区をほぐしながら足元から見た心身の状態をお伝えします。
足という重力により老廃物が溜まりやすい土台の部分からアプローチすることで体全体のバランスが整い行動力がアップします。
体に不調を感じた時、体は足もみで、心のケアはレイキヒーリングで整える人が増える様、外側からのケアのみにとどまらず、自分の内側の声を聞きながら 、自身で整え輝く女性が増えるように「体力」「気力」の両面が満たされる若石健康法をレイキヒーリングをお伝えしてます。


レイフット

若石健康法をベースに足もみで体を整え、レイキヒーリングをながしながらの施術で
体がリラクッスした状態となり緩んだ状態で施術をうけていただけます。


<お客様の声>

★便秘の方の体調の改善
施術後、当日もしくは翌日に快便が出る(便秘薬に頼らずとも)


★腰痛の改善
ぎっくり腰等の腰痛が急性のまたは直後の場合、若石の施術で腰の痛みが改善するケースが多い。
慢性の場合でひどく腰痛を抱え、立ったり座ったりの動作が困難な方も、
施術後動きがスムーズになり驚いていた。
慢性の場合は回数は必要ですが、体質改善が見込める。
ある女性がひどい腰痛で整骨院に通い、ひどいときは薬を飲み、腰痛は当たり前の感じだった。
セルフケアの足もみ教室を受講され、毎日自分で足の腰痛に効く部分を揉むようになったところ、
腰痛が緩和されていき、薬はもちろん整骨院に行かなくてもよくなった。
今では足もみをしない次の日は階段を上るときに体が重いと感じるため、
足もみは欠かせない日課になっているという。


★目の疲れ・視力の改善
視界が開け、明るくなる感じは術後すぐに感想として言われることが多い。
足もみから原因が肩こりや後頭部の痛み、頭痛だということがわかり、
そこを意識してケアすることで目の疲れや痛みが改善するケースが多い。

★頭痛の改善
頭痛薬を飲んでる人の多くは親指の付け根から指先にかけてカチカチに硬いことが多い。
親指をほぐすことで、頭が柔らかくなり、
睡眠が深くなり蓄積された原因がリセットされ、頭痛が改善される。
睡眠不足、ストレス、冷え、疲れの蓄積等が頭痛の原因は多い中、
足から見て頭以外からの原因を見て、生活習慣の改善を意識してもらうと頭痛の緩和が見られる。


★気力・気分が上がる
足もみを通してヒーリングを行うことで、
手術の痛みを和らげ心地よくリラックスした状態になることができる。
溜まったストレスや気のつまりが流れ、64カ所にゆっくり手を動かし流すことで、
体と心がほぐれ、自分の奥にある思いに気付いたり、我慢や責任を抱えていることを知ったり、
気が付けなくても回数をすることでそれが自然と緩んでいく。
会話をすることで思いを吐き出すことができ、
自分の滞りの場所に気づき、改善の方法を知り、気持ちが上がる方が多い。